エイティーズチャンネルとは?

エアコンの工事や修理をどこに頼んで良いか
「わからない」「迷っている」というあなたのために

 あなたがこのサイトをご覧になっているということは、何かしらエアコンにトラブルが生じてしまったかあるいは使用年数が10年以上あり、壊れる前にそろそろ買い替えておこうかと検討され始めた方だと思います。
家庭用のエアコンだと相談や買い替えの提案をしてくれる場所として家電量販店があるので、「ちょっと、相談に行ってみようかな」と考えることが出来ると思います。ただ、業務用エアコンになるとそもそもどこに頼んで良いのかわからなかったり、実際の進め方がわからな

かったりするので、イメージも湧きにくいですよね。

困った・悩み

  • どれくらい費用がかかるのか?
  • 工事にかかる時間はどれくらいなのか?
  • どれくらいの大きさ(馬力)にすればいいのか
  • 今使っているエアコンは処分してくれるのか?
  • そもそも何をどう頼んで良いかわからない・・・

 

など、忙しい業務や日々の予定の合間に、考えて探して手配して行うのはものすごくストレスがかかる事だと思います。そんなあなたの負担を少しでも軽くし、悩みや不安を一緒に解決しゴールまでたどり着くお手伝いが出来ればと思い、このサイトであなたの知りたい”エアコンの様々な情報”をお伝えしていきます。

 

エイティーズチャンネルでは
あなたがエアコンの事で困っていることを
解決するための”お手伝い”をしています

 Eighties80-Channelは、これまでにエイティーズに寄せられた悩みや疑問、解決方法をもとにこれから工事などを行いたい人のために必要な情報をお届けしています。あなたと同じような設置環境であったり、実際の工事(修理など)の進め方、これまでに行った工事の実績、事例解説、エイティーズで実際に工事や修理をされたお客様の声などを見ることができます。例えば・・・

  • 業務用(家庭用)エアコンにはどういった種類・形状の物があるのか?
  • 隠蔽配管で他社には断られたけど出来るのかな?
  • 自分のお店や会社の設置状況に似た事例はあるのかな?
  • 実際にエイティーズで工事をお願いしてどうだったのか?

実際の現場では工事の仕方や進め方はそれぞれ違いますが、自分に似たような事例があればその情報をもとにイメージがしやすくなると思います。イメージが出来るのと全くなにをどうするのか分からないという状況とでは不安感に雲泥の差があります。なので出来る限りリアルな情報をありのままにお伝えしています。

 

エイティーズチャンネルでは
エアコンに関する情報を発信しています

これから実際にエアコンの工事や修理を行っていく上で、何かしらの”決定材料”が必要となってくると思います。エアコンは種類もたくさんあるし、大きさ(馬力・容量)や形状も考えなければなりません。正直僕たちでも決め兼ねてしまう場合もあります。そんな時は、これまでに施工してきた事例をもとにすり合わせを行って、最終的にエアコンの選定や工事方法を決めています。そうした経験や知識をこのサイトでは、情報として提供していますので疑問点や検討材料として活用してみてください。※言わば、業界マニュアルみたいなものと考えていただければ分かりやすいと思います。

 

【業務用エアコンについて】

 業務用エアコンは、主に面積の広い空間や人が多く集まる場所に設置されることが多いですね。言い方として「パッケージエアコン」と呼ばれてみたりそのまま「業務用エアコン」と呼ばれています。専門的な言い方だと「EHP」や「GHP」と呼ばれたり、室内機の形状によって「天カセ」「天吊り」、組み合わせ方法によって「ツイン」「マルチ」「ビルマル」などと呼ばれたりします。室内機の数が、1台~10台くらいまでなら「ツイン」タイプの組み合わせで良いと思いますが、それ以上になるのであれば「ビルマル」タイプを推奨されると思います。このように、設置環境や使用方法によって組み合わせや工事費用が大幅に変わりますので、新規に設置する場合や交換の場合には、専門業者の提案を受けることをおすすめします。

 主な形状:天井カセット形、天井吊形、壁掛け形、床置き形、天井埋込ダクト形

 主要メーカー:ダイキン、東芝、三菱電機、日立、パナソニック、三菱重工

オススメ記事

  1. これが業務用エアコンのリアルな入れ替え現場だ!!

【ハウジング・マルチエアコンについて】

 ハウジングエアコンとマルチエアコンは同じような意味合いで使われてしまっていますが、実際は似て異なるものです。まず、ハウジングエアコンとは、主に室内機が1台と室外機が2台の組み合わせのものを指します。形状としては、業務用とほぼ同じで天井カセットや壁掛け等のタイプがあります。次に、マルチエアコンですが、業務用エアコンでいう「ツイン」や「ビルマル」と同じような意味合いで、2室用マルチであれば室内機が2台で室外機が1台のもの。5室用マルチであれば、室内機が5台で室外機が1台のものになります。これは業務用にも言えますが、双方にメリット、デメリットはあります。その辺も記事として挙げていきますので参考にしてみてください。

主な形状:天井カセット形1方向/2方向、壁掛け形、床置き形、天井埋込ダクト形、壁埋込形、2~5室用システムマルチ

 主要メーカー:ダイキン、三菱電機、日立、パナソニック、三菱重工

オススメ記事

  1. マルチ・ハウジングエアコンの入れ替え工事 

【隠ぺい配管とは】

 主に壁の中に隠ぺいされている配管のことを指します。(天井裏に配管してあるのも隠ぺいだと言えばそうなりますが、ここではルームエアコンで壁の中に予め隠ぺいされている場合の事を指しています)       正直、僕個人の意見ですが、隠ぺい配管はメリットよりもデメリットの方が多く感じます。たしかに配管は目立たなくなるし紫外線や雨風を受けることも少なくなりダメージの範囲を減らす効果はあります。他にも家全体か見て真ん中に位置する部屋にエアコンを取り付ける時にも効果的ですね。なので、デザインを重視される方には良い施工法だと思います。けれども、挙げれるメリットはそれくらいしかありません。主なデメリットを挙げると、まず何といっても施工業者が簡単に見つかりません。探し当てたとしても業者によって必要な工事、追加工事などがバラバラでどこを信用して良いか分からなくなります。(※実際に弊社の顧客様からお聞きしています)施工金額が割高、何といっても配管を交換することが出来ないので数十年のお付き合いが必要となったりします。書ききれないくらいありますが、きっとこの”エイティーズチャンネル”をご覧になっているという事は、上記に挙げたようなことがきっかけだったのではと思います。そうしてたどり着いてきてくれた方が、もう迷わなくて済むような事例や、情報をどんどん記事として挙げていきます。

 隠ぺい配管かどうかの判断:いちばん分かりやすい方法は室外機側の配管がどこから出ているかを確認すること。室内機の設置高さ辺りから配管が外部に出ていれば隠ぺい配管ではない可能性が高いです。配管が室内機の設置高さより下の方(基礎辺り)から出ていれば隠ぺい配管の可能性が高いです。

オススメ記事

  1. 隠ぺい配管工事は、こうして行われていた!!

【工事実績・事例紹介】

 株式会社エイティーズが始まって今年で5期目を迎えています。これまでエイティーズが実際に行ってきた工事実績の紹介や事例解説をこのページでは行っています。あなたのお店や会社の設置状況に似た事例がきっとこの中にあると思います。より近い事例と比べることでおおまかな工事方法であったり、作業の流れがイメージしやすくなると思いますので、ぜひご活用ください。お問い合わせの際にも、実績の「こんなイメージだよ」と伝えてもらえれば説明もしやすくなると思います。

オススメ記事

  1. エイティーズがこれまでに行ってきた工事等を見ることが出来ます!!

【お客様の声】

 これまでにエイティーズで工事や修理のご依頼をいただいたお客様に、アンケートやインタビューを行ってまいりました。このページではその模様や、実際の声を見ていただくことができます。工事を体感して頂いたお客様の嘘偽りのないリアルな声を見ていただくことで、「この業者は大丈夫なのだろうか」と言った不安感や、「どんな工事をされるんだろう」と言った疑問が少しでも解消できればと思い、顧客様にご協力いただきこのページを作ることができました。良いところも悪いところも見ていただきたいと思いますので、じっくりとご覧になってください。

オススメ

  1. 実際に工事をして頂いた、お客様の声を載せています!

 

いかがでしょうか?このようにこのサイトはあなたのエアコン工事(修理)に対する不安感や疑問点を出来うる限り軽減するためにあります。ひとつひとつのページを見ていただき、多少なりともエアコンに対する情報が入ってくることで安心感が得られると思います。

あなたはエアコン工事で失敗を
したくないと思いませんか?

 もしあなたが、エアコンを取り付けるのは簡単でどこの業者が工事をしても同じだと考えているならこの”エイティーズチャンネル”ではお力になれないかも知れません。そうではなくおよそ10年は使用していくものだし、すぐに取り替えたり移動できるものではないことを知っているのなら、、、高額な費用を支払って満足のいかかない施工をしてしまい後悔をしたくないのなら、、、自分と似たような境遇の人がなにを基準として決断したのか・・・生々しい現場での情報は、きっとあなたの役に立つはずです。

しかし、すべてが完璧はあり得ません
現場はどれひとつとして同じはないからです

 空調工事業(エアコン工事)という仕事は、決して簡単にできる仕事ではありません。むしろハードワークです。常に現場での経験をもとにスキルを磨き続け築いていく”職人”だからです。”職人”とは字のごとく”人”が行う”仕事”です。近頃ではAI(人工知能)が発展してきておりますが、職人の仕事は組み込まれたプログラムでは対応できない部分が多くあります。それは何故かというと、現場は図面通りではない場合があるからです。例えば、エアコンの配管を通すのに穴を空ける作業を行いますが、図面通りのプログラムで指示を出したとしても、そもそも図面上の位置と施工位置がずれていたとして臨機応変な動きが出来るのでしょうか?

何十年も経って、建物すべてをAIやロボットが行えば寸分狂わず施工は出来るかも知れません。ただ、そうなると実際に現場で組み立てるロボットは人の数より多くなるのでしょうか?僕はそうはならないと思います。人間なのでミスはしますし、失敗も多くあります。ただ、一番重要なのはお客さんが本当に求めているもの、本当に悩んでいて解決をしたいこと、自分自身では何が分からないさえも分からない状態では答えを求めることさえもできませんよね。

お客さんの感情に寄り添うことが出来るのが、私たち”職人”です。極論を言えば言葉に出さなくても、顔色や雰囲気でもつかむことが出来ます。ですので、もしあなたが

  • 安心して工事を託すことのできる業者を選びたいのなら
  • 自分のお店に来てくれる大切なお客様に快適に過ごして欲しいとお考えなら
  • ただ単にエアコンを取り付けたら終わりではなく、その後も何かと頼りにできるようなパートナーをお探しなら
  • 自身が何を一番に求めているのか、何が不安感なのか、一緒になって考えてくれる”職人”を求めているのなら

このエイティーズチャンネルは、あなたが納得して工事や修理を行うことができるように、そのお手伝いをすることができます。

エイティーズが目指す未来

 エアコンは今や生活になくてはならないものになりました。温暖化や異常気象なども頻繁に起こるようになり、人間の身体は自身だけの力ではコントロール出来ない状態にあります。車や家のように誰もが欲しくて買う商品ではありません。どちらかと言えば、壊れたから、必要だからといった理由で仕方なく買われる商品だと思います。けれども、だからと言って先ほども言ったように、もうエアコンなしでは身の危険さえ及んでしまいます。ひと昔前の機種に比べ性能や省エネ性能は格段に上がり、以前のようにそれほど電気代も高額にはなりません。ただ、空間の広さに対して小さいものを選んでしまったり、設置出来ないような形状のエアコンを選んでしまったり、設置する向きや台数などさまざまな状況に照らし合わせてエアコンは選定する必要があります。

 また、工事方法によって出来る・出来ないも出てきてしまいます。例えば、室内機は天井カセット形が良いと言っても、天井内に収めることが出来るのか?、排水管や冷媒管を配管することは出来るのか?など多くの条件をクリア出来なければ設置する事さえもできません。

 そういったトラブルや不安感を少しでも軽減できるように、エアコンの知識や情報をこの”エイティーズチャンネル”でお伝えしていき、一人でも多くの方が安心してサービスと商品を購入できるような業界にしていきたいと考えています。

 私たちはいち工事業者ではなく、あなたと一緒に問題解決を行っていく”パートナー”して人間味のあるお付き合いをさせていただきたいと思います。そのために、私たちがこれまで現場で経験し培ってきた”全て”をここであなたにお伝えしていきます。分からないことがあれば、いつでもお気軽にご連絡ください。

エイティーズチャンネル スタッフ一同