2017/11/11

冬に気をつけたい”ヒートショック”からあなたを守る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そろそろ冬が近づいてきましたね。僕は個人的には夏より冬の方が好きですけど、会社的には夏が繁忙期になるので夏好きの振りをしているのは内緒の話です(笑)

 

冬の夜は空気が澄んでいるのか、光が綺麗に照らされている気がどことなくするのと、ハロウィンやクリスマスムードで街もところどころライトアップされていて全体的に綺麗になっているのを見るのが好きなんですよね~。

 

寒暖の差が厳しいと!?

 

ただ、この時期によく起きてしまう事故をあなたはご存知でしょうか?

 

今日、ふとYahoo!ニュースを読んでいたら、こんな記事を見つけたのでご紹介します。

死を招く「ヒートショック」 現役引退から30年。当時の体重125キロは相応に絞られたとはいえ、190センチ近い体躯は往時のまま。そんな偉丈夫を死の淵へと向かわせた“元凶”について、新渡戸文化短期大学の中原英臣名誉学長が解説する。「今回は、明らかに寒い日に起きた出来事です。温かい布団から起きて寒いトイレに向かう、あるいは風呂やサウナから出て冷気に触れるなど、温度差の激しい場所に移動した時の『ヒートショック』は大変危険なのです。冬場など、血管が収縮して血圧が急上昇し、脳出血が起こりやすくなります」 ※以下省略
 

 この記事は、サウナに入浴後帰宅途中に倒れてしまい10月19日に救急搬送され、一時は重体と伝えられた元大関・若嶋津の二所ノ関親方さんに関しての記事でした。

 

日課としていたサウナの帰り道の事故という事で、サウナ好きの僕としては他人事ではなかったので読んでみると「ヒートショック」について書かれていたので、これは空調の専門として読んでくれているあなたにお伝えしなきゃいけないと思いご紹介させて頂いています。

 

このヒートショックが起こる起因として、上にも書かれていますが暖かい布団からでて寒いトイレやキッチンに移動した時の寒暖の差が原因で脳出血がおきやすくなってしまうと言われています。

 

けれども、寒くては寝られないし暖かい恰好をして布団をちゃんと被って寝ないと体調を崩したり、寝不足でその後の生活にも影響が出てしまいますよね。そんな時に、寒いトイレや脱衣所に取り付けることのできるエアコンが実はもうすぐ発売になります。

 

ヒートショックから守る!!

 

それが、ダイキンの「ココタス」というエアコンです。

エアコンがなかった非居室にも設置可能な業界最小サイズの室内機 
小空間マルチカセット形エアコン『ココタス』を新発売

まだ市場には出回っていませんが、来年の2月28日に発売予定とされています。ちなみに定価は14万円(税別)との事です。

 

このエアコンの良いところは、

  • 狭い空間でも取り付けることが出来る事
  • パワフル運転やひかえめ運転など使い方に応じて運転が出来る事
  • 1台の室外機で室内機3台まで取付ができるので、各部屋一度に設置が出来る事

 

この3点が挙げられます。他にもメリットはたくさん書かれているので、ご興味がありましたら上記リンクより見に行ってみて下さい。

 

寝室から、トイレまでの廊下や洗面・脱衣所に設置することが出来れば、寒暖の差をかなり縮める事が出来るようになります。縮める事が出来れば不幸な事故も減らす事が出来ると思いますし、空調の力であなたの健康をサポートすることが出来れば僕たちもやってて良かったと思えます。

 

こういった素晴らしい商品をもっとあなたに届けられるように今後もこういった情報を提供していきたいと思いますので、楽しみにしていてください。

関連記事

コメントを残す

*

CAPTCHA