2017/08/29

業務用エアコン”天井カセット形4方向” ~入替え工事編~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今日は、先日行いました【業務用エアコンの入れ替え工事】の詳細をお伝えしたいと思います。

 
 
愛知県名古屋市の会社様で、事務所にあるエアコンの調子が悪くなってしまったので
 
 
見に来て欲しいとのご連絡をいただきました。
 
 
さっそくお伺いし、調査をさせていただいたところ運転はするものの冷風が出てこないような状態でした。
 
 
こういった症状の場合、疑われる個所が数か所に及ぶので、「すべての部品を一度に交換」とやってしまうと修理費も多額になってしまいます。
 
 
なので順序からいくと、いちばん疑わしい部分を交換して様子を見てみる。
 
 
改善しなければ次の部品を交換してみる、といった流れで行うのがコストがかかりにくく確かな方法なので、いつもはこの順序で行っています。
 
 
ただ、コストを抑えることができる反面、何日かにわけて修理をしていくので、故障原因が複雑だと完治まで時間がかかってしまいます。
 
 
お医者さんにかかる人間と同じようなイメージですね(笑)
 
 
こういった事情を踏まえながら、お客様と打ち合わせを行い、経年による老朽化と電気代のコスト削減に期待し、入替をご提案させていただきました。
 
 
以前の記事でもお伝えしましたように入れ替えとなると、修理費よりも初期コストはかかってしまいますが、デメリットばかりではありません。
 
 
およそ20年近く前のエアコンだったので、新しくリニューアルすることによって、電気代はほぼ確実に安くなります。
※1年前に取り換えたエイティーズの顧客様からも、「1年前と比べて電気代がすごい下がったよ!」とおっしゃっていただいたりもしています
 
 
下がったランニングコストとの差額を考えれば、リニューアルにかかる費用も実質それだけでまかなえてしまいますよね。
 
さてさて
 
 
現地調査の内容や、お客様とのヒアリングをもとにお見積書を作成し、提案をさせていただいたところ
 
 
早々に工事の依頼をいただきましたので、工事の模様をお伝えしていきます。
 
 
 
まず室外機から、エアコン内部にあるフロンガスを回収します。
 
回収時の写真を取り忘れてしまったので、他現場のイメージ写真です(笑)
 
 
エアコンは故障して動かなくなってしまうと、自力でガスを戻すことが出来なくなるので、こういった回収機を使って強制的にガス回収を行います。
※ワンポイントアドバイス
・この作業が現場で発生するだけで、別途費用が発生してしまうので壊れる前に取り換えをした方がコスト削減になりますよ~
 
 
回収をしたら室外機の取外しと、室内機の取外しを行います。
 
配管類は再利用しますので、考えて切り離しをしなくてはいけません。
 
天井内の躯体部分より吊下げるためのボルトを取り付けたり、配管を溶接して延長・加工したりしてエアコン本体に接続します。
 
同様に、ドレン管(排水管)も延長・加工・接続します。このとき、しっかりと勾配がとれているかの確認が大事です。
 
 
仕込み終わればエアコン本体を吊りこんで、電気配線や化粧パネルを取り付けます。
 
古いエアコンは、長方形でしたが新しいエアコンは正方形なのでメーカーオプション品の更新パネルを取り付けます。
 
 
室外機も新しくなりましたね。
 
ただ、古いエアコンの室外機を降ろすのに、手作業で行ったのでめちゃくちゃしんどかったです(笑)
 
2人で120kg!!
階段で手降ろし!!
2人とも36歳!!
足すと72歳!!
腰が痛い!!
膝が痛い!!
手首が痛い!!
……!!
正直これがいちばんしんどかったです(笑)
 
 
けれども、こういったお客様には見えない部分でも頑張ってやっていると、完了後にいただける「ありがとう、涼しくなったよ~」の言葉がより刺さります!
 
 
ちゃんとエイティーズの価値提供ができたんだなと報われる瞬間です(涙)
 
 
最後に試運転を行い、正常運転を確認して無事工事完了となりました。
 
 
この他にもたくさんの事例を工事実績には掲載していますので、自身と似た事例をご覧になって見てください。

関連記事

コメントを残す

*

CAPTCHA