2017/09/01

【業務用エアコン】 天井カセット形4方向 新規設置工事 ~事務所編~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは

 
 
今回ご紹介する内容は、”業務用エアコン 天井カセット形4方向吹き”タイプのエアコンを新規に設置した工事の詳細となります。
 
 
建築関連の会社様で、ミーティングルームにエアコンが無かったため、新規に設置を検討されており
 
 
設置場所の確認や、配管のメーター数、ルートの確認、お客様のご要望等から、総合的に判断しお見積書をご提出させて頂きました。
 
 
ご提出後、すぐに返事をいただきさっそく工事を行ってきました。
 
その1:
まずは、エアコンを設置する箇所の穴をあけます。
 
 
 
天井材を留めるための下地もいますが、この写真ではその部分は切断しています。
 
 
この瞬間は、結構重要ポイントでもあります。
 
 
入念な下見が必要ですね~
 
 
開口を行った後、エアコンを吊下げるための準備をしていきます。
 
 
次に、冷媒管やドレン管(排水管)を配管していきます。
 
 
距離が長いと、数人でかけ声を合わせてやらなければなりません。
 
 
 
ゾウさんのホースみたいにぶら下がっているのが、排水ドレン用のホースです。
 
 
あのホースを通り結露により出た水が管の中を流れて外に放出されます。
 
 
冷媒管も同じように、隣同士、配管します。
 
 
すべて配管をし終えたら、エアコン本体を吊りこんで接続します。
 
 
今回の室外機は、壁面架台で設置しました。
スペースがスッキリしましたね。
 
 
 
本体と配管の接続を終えたら、化粧パネルを取り付けて試運転を行い、工事完了です。
 
 
 
今回は、三菱電機製 ムーブアイ付の業務用エアコンを設置しました。
※ムーブアイとは、人感センサーのこと
 
よく効いており、お客様にも満足して頂けました。
 
 
帰り際に、現状のファンコイルを止めて、電気式のエアコンに切り替えたいとのお話も頂けましたので、また後日ご報告させていただきますね。
 
 
この他にも、事例がたくさんありますのでぜひご覧になってみてください

関連記事

コメントを残す

*

CAPTCHA