2017/10/10

【業務用エアコン】天井吊形1方向 入替工事 ~作業場編~ 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今回、施工させて頂きました現場は、名古屋市守山区で木工の加工をされているお客様で、製品を安全に運ぶ時に包装するダンボールの型を作り出す事業をされており、私たちの生活で使うさまざまな製品の流通に欠かせない縁の下の力持ちのような会社様です。
 
 
現場は、多くのスタッフの方々がさまざまな型作りをされていて、
今回は、その作業場のエアコンの更新工事です!
 
 
まず、現地調査で既設のエアコンが能力不足だと判断しました。
また、建物の構造的に部屋に熱がこもりやすいため、電気代の事も考えて
容量を上げたタイプのエアコンをご提案しました。
こちらが古いエアコンですね。かなり年季が入っています。
奥にそびえ立つ背の高い方を交換します。

 

室内機も角張っていて、時代を感じますね。ちょうどこの頃(今から20年度前)の車ってカクカクしてましたもんね。個人的に僕は、今でもカクカクした感じのが好きですけどね(笑)

 

『ミスタースリム』なかなかのネーミングですが、三菱電機のエアコンでした。設定温度の調整が見やすいですね。
室内機の横顔を撮ってみました。傷がついていたり、色ヤケしています。ちなみにリモコンの位置が高いですね。
取換時にもう少し使いやすい所へ移動します。
室外機は、2階に設置してあったので、クレーン作業を行い設置しました。電線が張り巡らされた場所なので、オペレーターの腕の見せ所です。※ちなみに、恥ずかしがり屋さんなので、一部モザイク処理しています。
 
 配管やら吊り金具を仕込んで、あっという間に更新工事完了です。それほど室内機の大きさは変わりませんが、容量はアップしています。
 
リモコンも使いやすいように、下に下げました。ビジュアルも今風になりましたね。
真っ白になりましたね、お肌つやつやです。朝9時頃から始めて、お昼頃には、試運転ができました。
室外機もコンパクトでスッキリした分、見栄えも良くなったと思います。台風時の突風で倒れる心配もありません。
配管は鉄管の後ろを通して、接続しています。仕上がりが綺麗です。
試運転を行っている間に、排水チェックをして、無事工事完了です。
風量も容量もアップしたので、お客様にも喜んで頂けました。
今回の工事POINT!
①作業場なので、お客様の要望時間内での施工を致しました。
②建物の構造を考慮した施工、設置を心がけました。
 
 

関連記事

コメントを残す

*

CAPTCHA