2017/10/04

【業務用エアコン】天井カセット形4方向 ツインタイプ 入替工事 ~自社オフィス編~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回の工事事例は、昨年にもエイティーズで工事を依頼して頂いたお客様より、リピートのご依頼がありまして、その時の模様をお伝えしていきたいと思います。

 
 
名古屋市中区に自社ビルを所有されているお客様で、1階のテナントに設置しているエアコンが壊れてしまい、入替の工事を行ってきました。
 
 
業務用エアコンなのですが、通常のタイプと違いひと回り小さな形状で、僕たちの間では通称「ショウカセ」と呼ばれています。小さいカセット形という意味でショウカセですね。
 
 
小型ですが容量は、通常のエアコンと同じ容量を持ち合わせています。小さな力持ちといった印象ですね。
 
 
さっそく室外機のもとへ行き、まずは恒例のフロンガスの回収作業から始めます。
その間に、室内側の養生作業や撤去の段取りを行います。
この写真、実は昨年の作業時の室外機になります。今回の室外機は取り忘れてしまいました~。
現調時に撮っていたもんだと勘違いしてましたわ。
 
ただ、いざ回収をしようとしたところ機器に入っているはずのフロンガスがほとんど空になっていました。どこかから漏れて出てしまったんでしょうね。大気汚染が気になります。。。
 
室内機もこの間に取り外していきます。
 
今回は、撤去前の写真をすべて取り忘れてしまいました。もしくはどこかのファイルに紛れてしまったか?探すのに一苦労しそうなので、とりあえず入替後の写真だけでも、載せていきますね。
 
上の写真とは別の機器です。マルチタイプのエアコンなので、室外機1台に対して室内機は2台います。2:1で室内機が有利ですね。
メリット/デメリットはあります。知りたい方は気軽に連絡下さい。
 
順調に作業を行っていき、あっという間に完成です。ただ、室外機を搬入するのが大変でした。室外機の置き場は屋上にありますが、1フロア分は階段で登らないといけません。その階段がもの凄く急で、しかも幅がとても狭いので二人でしか搬入できないんですね。
 
室外機の重量は、古いヤツが重くて約100kg。もうちょっとダイエットしといて欲しかった!!
腰が逝ってしまいそうです。
 
新しいエアコンは少し小ぶりで70kgくらいなので、少し楽でしたがそれでも傷をつけないように落とさないようにして、なかなか苦労しました。
 
なんとか設置して、接続を行いいよいよ試運転を行います。
 
写真の右側が新しいリモコンです。なんだかiPhoneみたいなルックスですね。
試運転を行い、排水チェックの確認をして無事工事完了となります。
 
当日は雨が降ってきたり、名古屋市の中心部のため駐車場が遠くにあったので何度も往復をしたりで慌ただしかったですが、いつものチームワークで乗り越えることができました。
ご依頼、ありがとうございました。

関連記事

コメントを残す

*

CAPTCHA